自衛隊の身辺調査

自衛隊の身辺調査について

自衛隊の身辺調査

警察官の採用試験や結婚の際に身辺調査が行われていることは有名な話ですが、実は自衛隊の採用試験や結婚時にも身辺調査があることをご存知でしょうか。その調査内容は警察と比べると簡易化されているとされていますが、実際にはどのように行われるのかご紹介していきます。

 

採用試験の際の身辺調査

身辺調査と聞いて、どこまで調べられるのか気になる方も多いことでしょう。しかし家族や親戚まで調べられ、その者の前科や思想、宗教が直接採用に影響することはまずないと考えてよいと思います。なぜなら自衛隊の採用段階の身辺調査では基本的に「本人の問題」のみ調査するからです。しかし身内に見過ごせないような前科や積極的な政治活動家などがいた場合にはその存在が採用に影響することも考えられます。

 

結婚相手の身辺調査

警察官同様、自衛官についても結婚相手に関する身辺調査がなされることになります。これは国が調査を行うと決めているもので、どこまで調べられるか怖いと感じることもあるかと思います。実際にどこまで調べられるのかというと、自衛隊の組織内で幹部候補(防衛大卒などで、幹部候補生としての採用を受けた者)のキャリア組と現場で働くノンキャリア組でその調査内容は変わってきます。

 

キャリア組の方が徹底して調査され、三親等内の身内や友人、知人まで問題がないか調べられることに対して、ノンキャリア組は両親や兄弟という一親等までと言われています。

 

調査はどのようにして行うか

自衛隊の採用や結婚にまつわる身辺調査は聞き取りやデータから明らかにしていく方法をとります。常識的に考えて、尾行や張り込みといった方法をとることはまずないので、安心してください。

 

⇒身辺調査の無料相談・見積もり依頼窓口