結婚の身辺調査

結婚関連(結婚前・結婚相手)の身辺調査について

結婚前にしておくべき身辺調査

結婚は人生における重要なターニングポイントです。どういった人物を結婚相手に選ぶかによってその後の人生を大きく変えると言っても過言ではありません。そんな人物がどういった人物で、どんな経歴、どんな人間関係を持っているのかなどを結婚前に明らかにしておく身辺調査を行う人が増えています。

 

結婚前の身辺調査では何を調べる?

結婚前の身辺調査は結婚してその人の配偶者となったときに、リスクがないようにするために行います。そのため調査内容は本人が借金をしていないか、犯罪歴や離婚歴がないか、浮気をしていないか、ギャンブルにハマっているなど問題のある素行はないかということや、身内に前科があるものはいないか、義実家に問題点はないか、中絶歴などを調べることが多くなっています。

 

これらの問題点は実際にクロであるとその後の結婚生活に大きな支障をきたす恐れがあります。結婚後にその事実が判明して、苦労を共にするようになると泥沼に片足を突っ込んだものですし、離婚となっても自分の経歴にバツがつくのでよくありませんよね。これらは結婚前にはっきりさせておき、安心して幸せな結婚をしたいものです。

 

身辺調査は依頼するべき?

結婚前には自分で調べられないもの、調べると角が立つものあります。隠されて秘密にされていることほど重要な事実であったりするものです。調査方法には尾行や張り込みの必要がある場合もあり、そうすると自分で調査することは難しいです。

 

そこで実際には調査のプロである興信所や探偵に依頼する人が多くなっています。聞き込み能力や調査能力は、プロの技術が光るところですので、知りたい情報を素早く知ることができます。

 

調査依頼する人物は誰?

調査依頼する人は結婚を控える本人だけでなくその両親、祖父母が調査依頼をすることが多くなっています。割合的には本人よりも両親や祖父母が多い印象です。結婚相手のことを本人よりも実際にあまり知らないので心配という気持ちの面からも調査依頼に繋がっているのではないでしょうか。

 

みんなが安心して結婚の日を迎えられる、そのためにも身辺調査は必要なのかもしれませんね。

 

⇒身辺調査の無料相談・見積もり依頼窓口