資産の身辺調査

資産の身辺調査について

身辺調査で行う「資産調査」

身辺調査では、相手がどのような資産をどのくらい保有しているのかを調べる「資産調査」があります。この資産調査は何のために、どういった方法で調べるのか等、ご説明していきます。

 

資産調査の目的

身辺調査自体は浮気調査や結婚調査、雇用調査または人事調査などいろいろな目的で行われますが、そんな身辺調査の中のひとつである「資産についての調査」は離婚時の調査でよく利用されます。

 

離婚の際には、ご存知の方も多いと思いますが、「財産分与」や「慰謝料請求」、「養育費の支払い」等のお金に絡んだ問題が発生します。これらは離婚後の大切な生活資金源であり、相手の財産を考慮して適正に要求することが重要となってきます。

 

しかし別れる相手に対して正直にすべての財産を公開する人はなかなかいません。特に財産を持っていれば持っている程、隠していることが多いのです。

 

そこで資産調査をして、隠し財産、隠し口座、不動産(土地、建物、マンション)有価証券など資産の全てを洗い出しておく必要があるのです。

 

資産調査の方法

身辺調査の資産の調査では、なにも情報がないところからスタートすると時間とお金がかかります。そこで事前の情報として依頼者からターゲットあての郵便物や預金通帳、カードの情報などを集めることがあります。そうすると銀行や金融会社、固定資産の保有地、証券会社の目ぼしがつき、スムーズに資産状況の把握ができます。

 

この方法はあくまで一例ですので、各探偵や興信所によっても手法は違うと思いますが、あらゆる技術や情報収集により調査は行われていきます。

 

⇒身辺調査の無料相談・見積もり依頼窓口